記号の種類

地図に使われる記号は一般に点,線,面に分けられます。
ここでいう“点”とは,その記号が面的広がりや線的流れなどを示さないということで,記号そのものは勿論ある面積を占めています。“線”も同様に記号自体は面的広がりを意味していません。各記号が表現する事象は次のようなことです。

点記号 (point または spot symbols) は,ある事象の発生場所や位置,ある面積内(たとえば行政区域)での事象の合計,などを表現します。
線記号(line symbols) は,ある地点聞のつながり・関係を示す(connectivity と interaction) ,線にそって事象が同じであることを意味する (similarity ,川,海流,等高線など),線ぞ境に両側で何かが異なることを示す (boundary ,division ,土地利用界,行政区界など)場合です。
面記号 (area symbols) の場合は言うまでもなく面的に起こる事象を表現します。
データは立体が加わって4種類あるため,データの種類と記号の種類とが完全に対応しないことは明白です。
特に立体データに対応する立体記号がないので,立体データの記号化が地図学では重要な課題となっています。

点記号は全てのデータの表現が可能で、線データを表現する例は,世界各国の貿易量を円グラフで描いたものなどです。この場合のデータは国と国との関係・係わり・物質の流れを示すが,国の合計量という概念で点記号を使う。面データの
例は,たとえば世界地図上で面的広がりをもっ都市を丸や四角で示すことです。立体データの場合は,行政区域内の人口を円グラフで表わすことを考えればよいです。線記号で点データを表わすということは,等値線を意味しています。
これは通常,等値線は点データをつなげたものと理解されているからです。

一方,統計量を等値線で表わすと立体データの表現となります。
面記号で立体データを表わすのは,データがある面積内での平均とか,比,密度などを示す場合に多いです。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/m030c087/public_html/mindofmcshorty.com/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27
コメントする

正性質による地図投影法の分類

 

「三次元の立体である地球の表面を、二次元である平面の上に表現する方法」であるのが“地図投影法”。
三次元の情報を全て同一の二次元の情報で表現するのは難しいことから、地図投影法で作成した地図には、どうしても情報にゆがみが生じてしまいます。
ゆがみが生じる情報としては、“角度”、“距離”、“面積”といったようなものが考えられるでしょう。

そして「地図を作成する段階で、“どの地図投影法”を使用してしているか?」ということにより、正しく表現できる情報・ゆがみが発生した状態で表現される情報が決まってくるのです。
このことから、地図投影法の分類方法のひとつに「正性質(正しく表現できる情報の種類)に注目する」という方法があります。
それぞれ、“角度”を正しく表現できる地図投影法は“正角図法”もしくは“等角図法”、“距離”を正しく表現できる地図投影法は“正距図法”もしくは“等距離図法”、“面積”を正しく表現できる地図投影法は“正積図法”もしくは“等積図法”というように分類されています。

地図を利用する場合においては、地図から情報を読み取り、そして読み取った情報を必要に応じて活用していくというケースが多くみられています。
その際、もし地図から読み取った情報が“実際の状況とは異なる状況”となってしまっていては、活用がうまくいきません。
よって基本的には、活用する際に必要な情報に合わせ、「“必要な情報”が正しく表現されている種類の地図」を選んでいく形になります。

例えば船の航海などに必要である地図は“海図”と呼ばれています。
航海の際は方位に対しどの方角に舵を切って進んでいくかということが重要であるため、海図には『角度が正しく表現されている』という条件が必要となります。
そのため、“正角図法(等角図法)”の一種であるメルカトル図法が主に用いられているようです。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/m030c087/public_html/mindofmcshorty.com/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27
コメントする

地図から読み取ることができる情報

地図というものは基本的に、「ただただ地球の表面の情報を表示する」という性質のものではありません。
多くの場合、「その地図を、どのように利用していくか」ということが重要となってくるのです。

その地図に採用されている投影法によっても異なりますが(投影法により正しく表示できる情報の種類が異なるため)、例えば対象となる地図に“縮尺”が表示されていることで、「地図上での距離を何倍すれば実際の距離になるのか」などを地図から導き出すことができる可能性が高くなるでしょう。
また“方位”が表示されていることで、「2点のランドマークの位置関係をもとにし方角を導き出す」、「道に迷ってしまった場合に方角さえ分かれば目的地への軌道修正を行う」などの活用方法ができる可能性が高くなるでしょう。

そして地図を利用するためにはまず、「その地図から、“どのような情報”を読み取ることができるのか」ということを把握しておく必要があるといえるでしょう。
地図から読み取ることができる情報は、各地図ごとに異なっています。

主題図(何らかの主題を表示している、特定の目的のための地図)の場合は、そもそも地図を作成する段階で目的が明確なことから、読み取れる情報は基本的に「その目的に必要なもののみ」に限られてくると思ってよいでしょう。

そして一般図(さまざまな情報が入れ込まれた、多目的で汎用的な地図)の場合は、多様な目的に使用するために作成された地図であることから、読み取ることができる情報もさまざまであるといえます。
一般図を使用する際は、「自分の使用目的に合わせて、その都度、必要な情報を読み取っていく」というのが基本的な使い方となるでしょう。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/m030c087/public_html/mindofmcshorty.com/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27
コメントする

Googleマップの埋め込み方

アクセスマップを載せたいけど、わざわざアクセスマップを作る時間がとれなかったり、急ぎで欲しかったり、自分で作る自信が無かったり、作成を外注するための予算も無かったりといったような場合。
もし各種SNSやブログでの投稿・会社やサークルや個人のWEBサイトといったように、印刷するのではなく「WEB上でアクセスマップとして公開するだけ」という目的でアクセスマップがほしいのであれば、Googleマップを埋め込んで使うことが可能となってくるかもしれません。
Googleマップを使えば、簡単にWEBサイトなどにアクセスマップとなる案内地図を埋め込むことができるほか、さらに既存の入力メニューなどを利用すれば出発地点から目的地点までの徒歩でのルートなども描き加えることができるのです。

なおGoogleマップを使用したい場合は、Googleが定めているガイドラインに従わなければなりません。(ガイドラインは適宜変更が加わる可能性がありますので、ここでは内容には触れません。)
念のため、Googleマップを使用したい場合は、権利者の定めているガイドラインや利用規約をしっかりと確認しましょう。
確認したうえで、その規約に違反しないように利用したり、権利者が定めている場合は使用前に申請を入れて許諾を得たり、権利者が定めている通りの注釈や権利表示をしっかりと明記する必要があるのです。

基本的に他社の著作物を利用するためには、事前にガイドラインや利用規約を確認しておかなければなりません。
特に印刷物としてGoogleマップを使用したい場合や、商用目的としてGoogleマップを使用したい場合は、後々のトラブルを避けるためにも、ガイドラインの確認は必須となるでしょう。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/m030c087/public_html/mindofmcshorty.com/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27
コメントする