モニタリングの実際

上述したように、人工衛星のモニタリングは常時行うことが可能になりました。衛星から送られる電波を受信すると、地上の任意の地点の位置や地点間の距離が瞬時に分かります。何故なら、衛星を頂点にした三角測量が可能だからです。宇宙に位置する衛星を用いての三角測量ですから、二つの地点がどれほど離れていようと関係ありません。このダイナミックな測量法は様々な応用が可能です。例えば複数の衛星を活用することで、地上を頂点とした三角測量を行うことができます。条件次第では標高を測ることも、また移動する者(物)の位置をリアルタイムで知ることさえできます。地上の受信機も改良が重ねられ、今では船舶や航空機に搭載できるほどに小型化され、一般人もスマートホンやカーナビによって恩恵を受けています。

ここまで測量が進化すると、今後は地球以外の天体を観測できる技術に期待が集まります。20世紀に入って太陽系の天体を測量し始めた人類は、太古から天体に対する知的好奇心を抱いてきました。ソ連が月の裏側の撮影に成功すると、アメリカも負けじと月の軌道に沿って多くの写真を撮影しました。こうして月面に関する情報は多く得られたのですが、他の天体は現在でも未知の領域です。火星は高性能の望遠鏡で覗いても小さな点にしか見えません。しかも地球に接近するのは2年に1度なので、科学者を除けば写真でしか目に触れることのないものです。その火星にもアメリカが探査機を打ち上げ、1971年に撮影してデータを送ることに成功しました。

火星にも増して人類には攻略が難しい天体が金星です。厚い雲に覆われており、簡単には地表を見ることができません。ただ金星にも探査機は打ち上げられ、米国は地表の凹凸を分析し、クレーター、平原、火山等の存在を確認しています。

 

 


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/m030c087/public_html/mindofmcshorty.com/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27
コメントする

英仏の争いと地図

近代に入って台頭したフランスはその国力を地図作成にも注ぎました。ルイ14世の時代の財政を仕切ったコルベールは、優秀な天文学者であったカッシニにフランスの地形図を作成するよう依頼しました。カッシニは三角測量では誤差が積み重なってしまい、正確な地図を作成できないと見抜いていたため、独自の方法で切り抜けようとしました。他方、ライバルのイギリスも負けてはいません。イギリスは北アメリカ、南アフリカ、インドを支配して波に乗っていました。さらに領土を拡大するためには世界の隅々まで航海する必要があり、大航海時代でさえよく分かっていなかったアジアにも目を向けました。クックは艦長として活躍したことで有名ですが、測量術と天文学を学んだ知識人でもありました。ニューファンドランド島の地図作成を命じられると、単なる艦長の域を超えて四分儀、経緯儀、側鎖を使用し、三角測量までやってのけたのです。完成した地図は本国イギリスの地図と比して見劣りしないレベルに達しており、クックは後にロイヤルアカデミーの会員にもなっています。

クックは太平洋を調査する中で、島の位置を確定し、北回りの航路と未知の大陸を探すことに心血を注ぎました。実際タヒチやニュージーランド、オーストラリアを正確に測量しました。しかし「未知の大陸」に関しては業績を上げることができませんでした。ところで「南方に存在する未知の大陸」という発想は、遡ればギリシアのものでした。ギリシアの哲学者たちはコスモスという概念によって世界の対称性を信じたため、南にも北と同様の大陸があるに違いないと考えたのです。ルネサンスはギリシア・ローマの発想に対する敬意、憧憬でしたから、近代に入ってもなお「未知の大陸」という迷信は消失しませんでした。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/m030c087/public_html/mindofmcshorty.com/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27
コメントする

役立つ地図

地図を描く感覚がつかめたら、間取り図だって描けます。

その昔、西に黄色いカーテンとか鬼門とか方位を見ながら家具の配置をする風水が流行りました。模様替えをする際、間取り図を描いてから、やるのもいいかもしれません。

旅の行程表も作ることもできます。時間軸で地図を描くつもりになればいいのです。

記号や道路の描き方もなれていれば、見やすい行程表を作って家族旅行に役立てましょう。

いろいろなテクニックを駆使して電車の乗り換え案内も描けるようになります。

乗り換え案内などは、自分で調べるよりも、よく判っている地元の人の説明の方が早く着いたりします。

また、渋谷駅など魔宮殿と呼ばれるような駅の地図なども作ってみるのも面白いかもしれません。どんどん改装してますから、作り変える楽しみもあります。

駅にある路線図も描けます。

慣れてくればいろいろなスタイルに挑戦してみましょう。

便利で見やすいものなら、「発明」として世間に認められるかもしれません。

地図の作成といっても、地図だけを作るわけではないということです。

ワードなどパソコンのソフトには図形を描けるものがあります。

手描きもできるソフトもあります。

重ねたり、色を付けたり、伸ばしたり、字もフォントを変えたり、大きさを変えたり、斜めにしたりと、好きなように作ることができます。

回転ワザもできますし、イラストを作ることも、ネットでフリー素材を引っ張ってくることもできます。

いろいろなツールを駆使していけば、プロも驚くような素敵な地図ができるはずです。

必要に迫られて作る場合がほとんどかもしれませんが、美しいバランスなどで作れるようになることに楽しみを覚えるのも良いかと思います。

用途別に工夫して作ってみましょう。

 

 

 


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/m030c087/public_html/mindofmcshorty.com/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27
コメントする

基本はわかりやすさ

デザイン重視なのか、相対関係が崩れている地図に困ることがあります。

目印が本局ほどの郵便局と小さなカフェだとして、地図上、その大きさが同じだったりすると、気分として大きなカフェを探してしまいます。

こういう地図は、写真家や絵画の個展をやるような人のお知らせハガキの案内図に多いような気がします。

新宿など、小さな個展の会場が山程あるというのに、地図までわかりにくければ、目的の個展まで行き着くことができません。場所を探して歩き回るうちに疲れ果て、会場に着く頃には、写真なんか見たくないという気分になります。

いくら自由に作ることができるとはいえ、ルールはあるはずです。

角地にあるカフェを目立たそうとして、実際に角地にある郵便局をずらしたり相対的に小さく描いてしまうと、地図を頼りに歩いてくる人は迷います。

とはいえ、誇張することはわかりやすい地図づくりにとって悪いことではありません。

誇張よりも、角地にあるはずのものをずらしてしまったり、並びにあるはずのものが弾き出されてしまったりしては、地図とは呼べないものになります。

またT字路の場合を考えてください。

T字路と思っているのは、三つの交差する道路のひとつから来る人だけで、両端から来る人は、右に曲がり角、あるいは左に曲がり角があるというだけです。

こういう場合こそ目印が非常に大切になるわけです。

どの角にある建物を目印にするか。わかりやすい建物、店などをピックアップするようにしましょう。

誇張、省略がうまくいけば、地図はわかりやすくなります。

目立たせたいモノのチョイスを失敗すると、「わかりにくい地図」になってしまいます。

多少のズレ、センスの悪さを気にするよりも、「わかりやすさ」を基準にしてください。

方向音痴にもわかりやすくをモットーに地図を作っていきましょう。

 


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/m030c087/public_html/mindofmcshorty.com/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27
コメントする

線記号の使い方

一般的に地図は線で表現されています。

それは地形だったり、境界線だったり、道路だったり、鉄道だったり。

線で描かれたものを線データと呼びます。

線記号としては、点線だったり、太線だったり二重線だったり、線の中に模様があったりといろいろです。

定性は「線の種類」、定量のデータならば「太さ」で表します。

また、基本的に、可視的なものは実線、不可視なものを破線などで表します。

例えば、今現在、通っている道路は実線、戦前に通っていた道路を破線で表すなどがあります。さらに大正時代の道路を点線で表したりと、いろんなバリエーションが表現できます。

また、補助線的に添える線や、線の中に模様を入れたいならば、線の太さも大きくなって、地図の形態も限られていきます。

破線の中でもいろいろな種類があります。いかに見やすくわかりやすいかを念頭に置いて、選ぶ必要があります。

点と点、面と面を結ぶ線で表したものを流線図と呼びます。

量が多いものを太線で表したり、年代別に線を分けたりすることができます。

輸送量の多い順で道路を表したいときは、多を太線、少ないものを薄い線で表したり、年代が古い道路を太線で、年代が若い道路を薄い線で、と使い分けすると量や年代がわかりやすく見ることができます。

ただし、流線図は、点と点や点と面、面と面をつなぐ性質上、交差することも多くなります。

その場合、太線や破線や薄線、細い線と使い分けていても、交差して重なってしまうと、何が何やらわからなくなってしまいがちです。

そんなときは、複数の用紙にわけて地図を作った方がよいかもしれません。

地図の基本は、わかりやすく、見やすくということ。

ごちゃごちゃしてきたら、用紙を分けて作るようにしましょう。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/m030c087/public_html/mindofmcshorty.com/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27
コメントする

記号の種類

地図に使われる記号は一般に点,線,面に分けられます。
ここでいう“点”とは,その記号が面的広がりや線的流れなどを示さないということで,記号そのものは勿論ある面積を占めています。“線”も同様に記号自体は面的広がりを意味していません。各記号が表現する事象は次のようなことです。

点記号 (point または spot symbols) は,ある事象の発生場所や位置,ある面積内(たとえば行政区域)での事象の合計,などを表現します。
線記号(line symbols) は,ある地点聞のつながり・関係を示す(connectivity と interaction) ,線にそって事象が同じであることを意味する (similarity ,川,海流,等高線など),線ぞ境に両側で何かが異なることを示す (boundary ,division ,土地利用界,行政区界など)場合です。
面記号 (area symbols) の場合は言うまでもなく面的に起こる事象を表現します。
データは立体が加わって4種類あるため,データの種類と記号の種類とが完全に対応しないことは明白です。
特に立体データに対応する立体記号がないので,立体データの記号化が地図学では重要な課題となっています。

点記号は全てのデータの表現が可能で、線データを表現する例は,世界各国の貿易量を円グラフで描いたものなどです。この場合のデータは国と国との関係・係わり・物質の流れを示すが,国の合計量という概念で点記号を使う。面データの
例は,たとえば世界地図上で面的広がりをもっ都市を丸や四角で示すことです。立体データの場合は,行政区域内の人口を円グラフで表わすことを考えればよいです。線記号で点データを表わすということは,等値線を意味しています。
これは通常,等値線は点データをつなげたものと理解されているからです。

一方,統計量を等値線で表わすと立体データの表現となります。
面記号で立体データを表わすのは,データがある面積内での平均とか,比,密度などを示す場合に多いです。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/m030c087/public_html/mindofmcshorty.com/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27
コメントする

正性質による地図投影法の分類

 

「三次元の立体である地球の表面を、二次元である平面の上に表現する方法」であるのが“地図投影法”。
三次元の情報を全て同一の二次元の情報で表現するのは難しいことから、地図投影法で作成した地図には、どうしても情報にゆがみが生じてしまいます。
ゆがみが生じる情報としては、“角度”、“距離”、“面積”といったようなものが考えられるでしょう。

そして「地図を作成する段階で、“どの地図投影法”を使用してしているか?」ということにより、正しく表現できる情報・ゆがみが発生した状態で表現される情報が決まってくるのです。
このことから、地図投影法の分類方法のひとつに「正性質(正しく表現できる情報の種類)に注目する」という方法があります。
それぞれ、“角度”を正しく表現できる地図投影法は“正角図法”もしくは“等角図法”、“距離”を正しく表現できる地図投影法は“正距図法”もしくは“等距離図法”、“面積”を正しく表現できる地図投影法は“正積図法”もしくは“等積図法”というように分類されています。

地図を利用する場合においては、地図から情報を読み取り、そして読み取った情報を必要に応じて活用していくというケースが多くみられています。
その際、もし地図から読み取った情報が“実際の状況とは異なる状況”となってしまっていては、活用がうまくいきません。
よって基本的には、活用する際に必要な情報に合わせ、「“必要な情報”が正しく表現されている種類の地図」を選んでいく形になります。

例えば船の航海などに必要である地図は“海図”と呼ばれています。
航海の際は方位に対しどの方角に舵を切って進んでいくかということが重要であるため、海図には『角度が正しく表現されている』という条件が必要となります。
そのため、“正角図法(等角図法)”の一種であるメルカトル図法が主に用いられているようです。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/m030c087/public_html/mindofmcshorty.com/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27
コメントする

地図から読み取ることができる情報

地図というものは基本的に、「ただただ地球の表面の情報を表示する」という性質のものではありません。
多くの場合、「その地図を、どのように利用していくか」ということが重要となってくるのです。

その地図に採用されている投影法によっても異なりますが(投影法により正しく表示できる情報の種類が異なるため)、例えば対象となる地図に“縮尺”が表示されていることで、「地図上での距離を何倍すれば実際の距離になるのか」などを地図から導き出すことができる可能性が高くなるでしょう。
また“方位”が表示されていることで、「2点のランドマークの位置関係をもとにし方角を導き出す」、「道に迷ってしまった場合に方角さえ分かれば目的地への軌道修正を行う」などの活用方法ができる可能性が高くなるでしょう。

そして地図を利用するためにはまず、「その地図から、“どのような情報”を読み取ることができるのか」ということを把握しておく必要があるといえるでしょう。
地図から読み取ることができる情報は、各地図ごとに異なっています。

主題図(何らかの主題を表示している、特定の目的のための地図)の場合は、そもそも地図を作成する段階で目的が明確なことから、読み取れる情報は基本的に「その目的に必要なもののみ」に限られてくると思ってよいでしょう。

そして一般図(さまざまな情報が入れ込まれた、多目的で汎用的な地図)の場合は、多様な目的に使用するために作成された地図であることから、読み取ることができる情報もさまざまであるといえます。
一般図を使用する際は、「自分の使用目的に合わせて、その都度、必要な情報を読み取っていく」というのが基本的な使い方となるでしょう。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/m030c087/public_html/mindofmcshorty.com/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27
コメントする

Googleマップの埋め込み方

アクセスマップを載せたいけど、わざわざアクセスマップを作る時間がとれなかったり、急ぎで欲しかったり、自分で作る自信が無かったり、作成を外注するための予算も無かったりといったような場合。
もし各種SNSやブログでの投稿・会社やサークルや個人のWEBサイトといったように、印刷するのではなく「WEB上でアクセスマップとして公開するだけ」という目的でアクセスマップがほしいのであれば、Googleマップを埋め込んで使うことが可能となってくるかもしれません。
Googleマップを使えば、簡単にWEBサイトなどにアクセスマップとなる案内地図を埋め込むことができるほか、さらに既存の入力メニューなどを利用すれば出発地点から目的地点までの徒歩でのルートなども描き加えることができるのです。

なおGoogleマップを使用したい場合は、Googleが定めているガイドラインに従わなければなりません。(ガイドラインは適宜変更が加わる可能性がありますので、ここでは内容には触れません。)
念のため、Googleマップを使用したい場合は、権利者の定めているガイドラインや利用規約をしっかりと確認しましょう。
確認したうえで、その規約に違反しないように利用したり、権利者が定めている場合は使用前に申請を入れて許諾を得たり、権利者が定めている通りの注釈や権利表示をしっかりと明記する必要があるのです。

基本的に他社の著作物を利用するためには、事前にガイドラインや利用規約を確認しておかなければなりません。
特に印刷物としてGoogleマップを使用したい場合や、商用目的としてGoogleマップを使用したい場合は、後々のトラブルを避けるためにも、ガイドラインの確認は必須となるでしょう。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/m030c087/public_html/mindofmcshorty.com/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27
コメントする