ドット記号の特徴

 ドット記号は、その個数と大きさが単位値を媒介して決定されるため、見易い地図にするためにはバランスを考えなければなりません。適切な単位値、ドットの大きさを決定するためには、前以て試してみることが大切です。例えば任意の区域を選び出し、その区域の統計総数を単位値で割り、個数を弾き出します。そして、実際に紙面上にその個数を書き入れてみるのです。個数が多過ぎたり、少なすぎたりすると、単位値を変えるなどして調節することができます。
 ドットの位置については、単位値の複数性を気に掛ける必要があります。つまりドットをどこに落とすのかは、熟慮を強いられる選定になるのです。ドットマップの製作に慣れていない人は、均等に落とすのが無難でしょう。しかしより美しいドットマップを作りたい人は、出来る限り地形、土地利用状態を考慮した、現実分布のままの表現を選択するはずです。この種のドットマップは表現力に優れている一方、地理学に関する素養が欠かせません。描図のスキルも相当なものが要求されます。集積や分散の偏った内容を表現しなければならない時、多くの人はドットマップを避けることになるでしょう。その代り、人口分布図のような表現方法を用いることができるため、ドットマップに固執する必要性はありません。
 ドット記号と並んでデータ転換に関わるのは、等値線です。等値線は単純な表現方法であり、等しい統計量の地点を結んだものに過ぎません。しかし単なる線記号ではなく、等値線と等値線との間に面積が生まれ、その区域内では統計量の傾斜が起こっていると推定されるのです。つまり面の部分は、連続データの分布が図化されていることになります。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/m030c087/public_html/mindofmcshorty.com/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27

コメントを残す