データ転換に纏わる表現法

 ドットマップやメッシュマップ、等値線図は、その表現法によってデータを転換させる地図であり、そこで用いられる地図記号の働きにも特徴があります。例えばドット記号を見ることにしましょう。ドットはその地点の実際のデータであり、絶対的数量を表現しています。しかし絶対性だけでなく、相対性をも帯びているのが特徴です。何故なら、ドットの粗密が分布状況を示しているからです。その地点が他の地点と比べて密度の高い場所なのか、低い場所なのかが、一目瞭然というわけです。そう考えると、定量的点データ図という基本的な性格を有しながら、同時に面データ図でもあるという特徴に、お気づきになるでしょう。ドット記号は、点データを面データに、定量データを定性データに転換させる機能を有しているのです。
 ドット記号のこうした特徴を踏まえると、ドットマップは均質な分布を前提とするデータには向いていないと分かります。つまり、分散という概念を前提とした地図なのです。ドット記号はその大きさを数量として、その個数を粗密として読み取るのに適しています。但し大きさといっても、そもそもドットは小さなものですから、線記号などに比べれば、表現力が高いとは言えません。またドットの大きさは任意に定義されますから、場合によっては地図上で見られるドットが小さすぎて、分布の印象を歪めることにもなりかねません。逆に大きすぎると、ドット同士の癒着が生じてしまい、集積で地図が隠されてしまいます。こうしたドット記号の欠点を考える上で大切なのは、大きさと個数とは関係しているという事実です。個数は必然的にドットの単位値により決定されます。当然ながら、単位値が大きければ少なくなり、小さければ多くなります。ですから大きさと個数のバランスについて、立案段階で熟慮しなければならないのです。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/m030c087/public_html/mindofmcshorty.com/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27

コメントを残す