等値線図とメッシュマップ

主題図の中にはデータ転換されるものがあり、その代表的地図の一つが等値線図です。等値線図といえば、地図帳でも見かける、比較的有名な地図ではないでしょうか。等温線、等降水量線等は気候図としてよく目にするはずです。ここで表現されている線は、元々幾つかの点を結ぶことで作成されたものですし、線と線の間を塗りつぶすなどすれば、面データに変わり得るものです。つまり読み取り方で、線データ、点データ、面データの間を行き来し得るのが等値線図というわけです。言うまでも無く、等値線図の精度は元データ、つまり点データの分布の密度に大きく左右されます。なぜなら、点の数が少なければ、等値線の意味が薄れるからです。点の数が極端に少なければ、その線が通過する地点の値が、線に充てられた値と同一である可能性は低くなってしまいます。ところで等値線図は転換図としての性質のみが特徴なのではなく、面データとして読み取る地図としては、輪郭が曖昧であるケースに便利であるという性質も見逃すべきではありません。例えばその地域が農地なのか、森林なのか、住宅地なのかを表現する時は、はっきりと区分線を引くことができます。しかし降水量のように、地点ごとに明確に区分けすることが困難な場合、その表現方法として等値線図が重宝されるのです。
 さて、メッシュマップという地図も、データ転換を特徴とする主題図の一つです。結論から言えば、面データを点データに転換するのです。メッシュマップの特徴は、地図に正方形が格子状に並んだメッシュを重ね合わせている点です。等面積の、整った形のメッシュに区切れば、地理の歪な形や広さを気にすることなく、簡易的に読み取ることができるのです。正方形のメッシュの他にも、経緯線を利用したものもあります。最も頻用されているメッシュマップと言えば、基準地域メッシュでしょう。2
5千分の1の地形図にメッシュを当てたものです。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/m030c087/public_html/mindofmcshorty.com/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27

コメントを残す