国際図とは

国際図は普通の地図ではありません。色々な情報が詰め込まれているものです。自然は言うまでもありませんが、社会、経済、文化といった、地図に関連する情報は何でも書き入れられています。

国際図は先進国の共同作業を起点としましたが、世界大戦がそれを阻みました。またどの国も積極的に関わろうとしなかったため、現在では国際連合が所管しています。1970年代に入ってそれらしきものもできましたが、上手く描かれていない地域が散見したため、現在もなお改定されています。

現代地図といえば、その作成方法を思い浮かべるでしょう。古代ローマでは、アグリッパ命で測量士が原始的な方法で測量していました。彼らは鳥に憧れたのではないでしょうか。

もしも空を飛ぶことができれば労力がかかりませんし、何よりも正確に測れます。過去の科学者は例外なくそう思ったはずです。現代では航空機とカメラが地図作成の主役です。現代人はそれがどれほど凄いことであるのかを、認識できていません。

カメラは19世紀に生まれた、比較的新しい技術です。発明当時、地図作成に関わる全ての者が、そのカメラの可能性に期待したのですが、地形図を作ることができるほどの性能はありませんでした。

ただ気球を使った撮影等、高所から撮影して建物の位置を把握できたことで、彼らが更なる進展に胸を膨らませたことは容易に想像できます。その後、航空写真と地図作成との距離を近づけたのはアメリカでした。アメリカはイギリスやフランスとは比較にならないほど広大であるため、自国の領土の全てを把握するべく、ヨーロッパに追いつこうとして研究を重ねました。


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/m030c087/public_html/mindofmcshorty.com/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27

コメントを残す